Works

Japanese Modern Style 和モダンスタイル

和モダン

温故知新 古きを訪ねて新しきを知る

昔の日本の暮らしに改めて目を向けてみると、障子や格子戸などが生みだす柔らかな光や影による気配の共有や、 靴を脱がずとも上框に腰掛けて、お茶をのみながら談笑できる土間が有りました。こういう環境の中での家族やお客様とのつながりは、日本文化の素晴らしさでもあります。この和の伝統と現代のモダンスタイルを、融合させることをコンセプトとしました。 昔の日本の住まいは壁が少なく襖や障子で仕切り、たくさんの風の通り道をつくり、夏の暑さをしのいでいました。 現代の住居では、壁をつくり個室(プライバシー)を重要とし、暑さをしのぐ為には空調にたよる生活になっています。 しかし気密性、断熱性の高い次世代基準の住まいでは、暑さや寒さをしのぐ必要はなく、広い空間を確保出来るようになりました。
所在地
飯塚市下三緒
ご家族構成
二世帯
土地
土地有り
工法
2☓4工法
仕様
オール電化・吹き抜け
敷地面積
931.30㎡(281.7坪)
延床面積
160.64㎡(48.59坪)
床面積
1F 105.99㎡(32.06坪)2F 54.65㎡(16.53坪)
所在地
飯塚市下三緒
ご家族構成
二世帯
土地
土地有り
工法
2☓4工法
仕様
オール電化・吹き抜け
敷地面積
931.30㎡(281.7坪)
延床面積
160.64㎡(48.59坪)
床面積
1F 105.99㎡(32.06坪)2F 54.65㎡(16.53坪)