時が経つほど味わいが増し、愛着がもてるようにと考える家づくりには、無垢の床材は切り離せないアイテムです。様々なスタイルから色々な樹種を使っていますが、ナチュラルスタイルにはお子様の素足にも優しいパインの床材を奨めています。

パインの床が年月を経て飴色に変化し、時を重ねて美しくなるのが無垢の魅力です。木に含まれる成分に抗菌や殺菌の作用があり、香りが癒しの効果にもなります。
また合板フローリングより無垢の木は断熱効果もあり、調湿の作用により湿気を吸ったり吐いたりしている為、夏でもさらっとした快適さがあります。木が呼吸するので、柔らかい樹種の為収縮により隙間が発生したり、床にキズがつきやすい点などもありますが、自然に起こる現象として受け入れて、むしろ自然に変化していくことを経年美として楽しんでいただきたいと思います。