ムラカミホームでは、今まで色々なスタイルの住まいを手掛けてまいりました。

毎回、どのご家族も私たちと真剣に家造りに取り組み何がそのご家族にとってベストかを提案してまいりました。
最近は、汚れの付きにくい壁、傷がつきにくい床などなるべく手をかけずにきれいな状態を保とうとする建材を取り込んだ住まいの要望も多くあります。

しかし、外壁など毎年改良されてよくなる塗料や塗り材、クロスの張替えなどは、時間の経過や環境から外面的に抵抗して維持していくことであり、構造や性能において長期的に耐えうる住まいではあっても、本当の意味で永く住み続ける家になっているのでしょうか?
ある程度成熟してきた住宅業界において、私たちが今提案していくべき住まいとは何か、それは安く簡単に手入れできる家ではなく、住まう家族が永く愛せる家になること。
そのためには、家と共に過ごしていく時間が、無理なく自然に変化していく住まいであり、経年変化を「劣化」ではなく「味わい」にしていく事だと思います。

『住まう家族や家も自然体でいられる事が、何年たっても愛着をもって永く住める家である』
というコンセプトに基づきこのプロジェクトが始まりました。
打ち合わせの中では、家族がいつまでも自然体でいられるプランはもちろんの事、使う素材選びにおいても経年が楽しめる本物の自然素材を中心に選定していきます。
いろんな機能を施した耐久性がある高級品を使う事が必ずしもよい家ではなく、本物の質感が与えてくれる心地よさや経年変化を大事に考え、家族と共に楽しめる事を基準にしていきたいと思います。

永く家と付き合っていく事を「手間」ではなく「価値」としてとらえながら

「自然と付き合う」    「自然をつかい」    「自然にかえす」

永く大切に使うという気持ちが本当の意味で、地球環境や社会、家族に対して大切な事ではないかと思います。
住まいを通して、家族にとって心地いい物・事を選ぶ大切さを感じた家族と一緒に家造りを考えたい、そしてこのプロジェクトを通して「自然」という事を、家だけではなく色々な形で伝えていけたらと思います。