福岡、飯塚、嘉麻、桂川、輸入住宅のムラカミホーム

Information

新着情報

SELF BUILD

2018-02-25

先日、見学会をさせて頂いた家、無事引渡しを迎えられました。

 

 

引渡しの際には最初の出会いから、打ち合わせしてきた事などを想い返しながら

 

今まで一緒に苦労してきたものが形になり、満足頂いてることを嬉しく思うのと

 

同時に終わってしまう寂しさがあります。

 

今からは、オーナー様がこの家にどんな色付けをしていくのが楽しみです。

 

 

 

注文住宅では、プランや仕様などを一個ずつ決めていく作業で自分達らしい家を造っていきます。

 

    

 

 

毎回、打ち合わせで石やタイルの素材、照明やカーテン、ドアの形、色など打ち合わせ事項の数はかなりあります。

 

 

その組み合わせの作業で思い描いていた空間を造り出す作業があるから、完成した時の満足感や達成感があるのだと思います。

 

自分達の家をどれほど愛せるのか、それが家を長持ちさせる基本だと考えています。

 

家に愛着を持ってもらう為には、大変ですが一緒に考えていく事は必要だと思います。

 

 

 

愛着をもつために、今回のオーナー様はさらなる挑戦をしてみました。

 

室内の壁の材料を自分達で選定しました。

 

 

今回、採用した室内の塗り壁材  

 

天然ミネラル系内装仕上げ材 「スマイル」という商材

 

珪藻土の特性を活かした調湿性の高い材料で室内の空気環境を快適になる物を選ばれました。

 

自分達が暮らす住まいに自分達が納得できる物を使うことが出来るのも注文住宅の醍醐味です。

 

二瀬窯業株式会社  「スマイル」

 

 

 

そして、塗り壁をご夫婦で挑戦してみました。

 

 

  

 

仕上がりはプロの左官屋さんのようにはなりませんでしたが、

 

自分達で仕上げた満足感と体験出来た思い出は、

 

まさに自分達で造り上げた MYHOME となりました。

 

 

作業が終わって、ご主人様が「左官屋さんは大変な仕事してるんですね」と

 

私達が造る家は、大工さんや左官屋さん、塗装屋さん、電気屋さん、設備屋さんなど

 

他の家より手間がかかっている事が多いです。

 

どの業者さんも、オーナー様の想いを感じて作業してくれてます。

 

今回、自分達で作業したことで、業者さんの腕や苦労、想いを感じていただけたことが

 

嬉しかったです。

 

 

家造りは、土地探し、資金、プラン、仕様等色々決まることが多くて大変ですが

 

決めたことが少しずつ形になっていき、一緒にワクワク出来る家造りが好きです。

 

 

この家でいいんだろうか?

 

この材料でいいんだろうか?

 

一生懸命自分達だけで考えるようなピリピリした家造りではなく、

 

一緒になって家造りを愉しんでくれるオーナー様との出会いを待っています。

 

 

 

愉しい思い出と、これから始まる暮らしをワクワク想像しながら無事に引渡しを終えました。

 

ありがとうございました。

 

      

                               TETU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ 会社概要 完成見学会のお申込み サイトマップ